労働力不足を解決するための新しい産業の創出でドローンの国家資格制度が開始

労働力不足を解決するための新しい産業の創出でドローンの国家資格制度が開始

大自然をテーマにしている魅力的な映像はもちろん、ドラマや映画のワンシーンでも迫力ある映像が登場することがありますが、これはドローンを利用していることで得られるものです。ヘリコプターを使う方法もありますが、ヘリコプターを使うとなると高額な費用がかかりますし人間が入ることができない場所の中には飛行が禁止されていたり高度を保つなどから撮影した画像を得ることが難しいこともあります。 ドローンは資格を持たなくても操縦は可能ですが、これはあくまでも申請許可などが要らない場所のみです。国家資格を持っていると飛行禁止エリア以外なら申請許可を行うことで飛ばせるようになるなど、2022年12月から国家資格制度がスタートしました。この制度が導入された背景の一つに労働力不足の解決が挙げられます。運送業界ではトラックドライバーが不足する2024年問題がありますが、労働力不足が予想されることからドローンの活用により荷物を配送することで効率化する、このような狙いもあるようです。

ドローンの国土交通省への届出がオンラインで可能に

ドローンをフライトさせるには機体の登録やリモートID特定区域の届出、技能証明書の取得と登録、飛行許可の申請と承認、飛行計画の通報といくつもの手続きが必要で、これまでは指定された書面に必要事項を記入して最寄りの国土交通省管轄の窓口に提出する必要がありました。一方、ドローンの利用者は個人のプライベートユースから企業のビジネスユース、専門機関による実証実験など多岐にわたる上に急増しており、問い合わせをしても返答まで数日を要するほどの混雑ぶりでした。そんな状況を解決するために登場したのが、国土交通省が開設したドローン情報基盤システムです。公式ウェブサイトにアクセスすれば必要な手続きや手順について説明が掲載されているのをはじめ、一部の書類はpdfファイルが配布されているので、プリントアウトして利用できるのも便利です。ドローン情報基盤システムにより手続きが完了するまでのスピードが格段に上がり、僅かな待ち時間でフライトまで辿り着けます。

愛知 ドローンに関する情報サイト
知って得するドローンのお役立ち情報

このサイトでは、趣味で始めたい人も仕事で使いたい人などドローンのお役立つ情報を幅広くご紹介しています。無人航空機ともいわれ、ヘリコプターでは入ることができない空中から地上を撮影したり、絶壁の上から飛ばして迫力ある映像をとらえるなど普通では撮影できない映像を撮れるメリットがあります。ここでは、労働力不足を解決するための新しい産業の創出を目的にして国家資格制度がスタートとした、資格には一等と二等の2つがあるけれどもそれの違いなどご紹介しますので参考にされると良いでしょう。

Search